大阪の映像制作会社パワー・アイ

プロに頼むメリット

常識を超えた映像制作を。

映像制作、自分でできる?

常識を超えた映像制作を。近年、撮影機材や編集ソフトの一般化により、映像制作を趣味にする方が増えており、プロモーションムービーなどを自社で制作する企業も増えています。

もちろん、自社で映像制作を行えばコストは抑えられますが、演出を含めたクオリティーに目を向ければ、プロがつくった映像とは圧倒的な差が生まれてしまいます。

社内用のムービーであればともかく、顧客や取引先、株主やリクルートの学生に見せることを前提に映像を制作するなら、プロに任せるほうが効果的なのは言うまでもありません。

プロに依頼するメリットとは?

ケタ違いのクオリティー!
プロに依頼するメリットは、クオリティーの高い映像ができあがること。 「そこまでこだわらなくても……」という方もいらっしゃるかもしれませんが、こだわらなければ効果は生まれませんし、目的を達成することもできません。
たとえば、プロモーションムービーでは・・・
常識を超えた映像制作を。近年、消費者は映像での紹介がある商品・サービスを好む傾向にありますが、ただ映像があればいいというものではありません。

映像を見て魅力を感じなければ、すぐに選択肢から外すはずです。確かなプロモーション効果を狙うのであれば、一定のクオリティーが備わった映像でなければ意味がないのです。

「記念に映像制作」であれば自社でつくっても問題はありませんが、反響・効果を追求したいならプロに依頼したほうが賢明です。

また、自社で映像制作をする場合は、当然、本来の業務の範囲外になるため、なかなか時間がとれませんし、慣れない作業に時間を要することは目に見えています。リソースを割かずにスピーディーに映像を制作できるという点も、プロに依頼するメリットであると言えるでしょう。

プロとアマ~決定的な違いとは?~

企画力・構成力が違う!
常識を超えた映像制作を。「映像で紹介したほうが分かりやすいから」「動画をつくれば目立つから」といった理由は間違ってはいませんが、「ただ撮影して、要らない部分をカットして~」は、アマチュアの映像制作。そこには、企画や構成といった制作意図が見られません。  

プロは、漠然と撮影するのではなく、撮影の前から企画・構成を明確に描いています。明確なコンセプトを軸にして撮影することで、無駄なく効果的な撮影ができるのです。
撮影技法・アングルが違う!
ノウハウを持たない素人が自分の目線で撮影をすると、対象の素材の魅力をうまくおさめることができません。単調でのっぺりとした仕上がりになってしまうのは、これが原因だと言えるでしょう。

一方、プロは素材の持つ特性を引き出すべく、様々なアングルで撮影を行ったうえで、効果的な処理を施します。プロならではの工夫があるから、素材がより印象的に輝いて見えるのです。
編集技術・エフェクト効果が違う!
常識を超えた映像制作を。一般的な編集ソフトでは、自分ではかっこよく編集したつもりでも、見てみたら意外とメリハリがない映像になっていることも少なくありません。残念ながら、一般的な編集ソフトでできることには限界があるのです。  

一方、プロは高機能な編集ソフトを駆使して、狙いのある編集を行います。最初から最後まで、見入ってしまうような映像ができるのは、編集技術を駆使したエフェクト効果などに明らかな差があるからなのです。

常識を超えた映像制作を。映像は、自社で制作したほうが安上がりなのは言うまでもありませんが、手間をかけずにクオリティーの高い映像をつくるならプロに任せたほうがいいでしょう。

人を動かす映像制作なら、ぜひパワー・アイにお任せください。広告効果・PR効果を最大化できる演出・構成を考案し、ワンランク上のご提案を差し上げます。

このページの先頭へ